MotoのNY料理教室ライフ

アメリカでスピード違反で捕まった時の対処法

スピード違反でチケットを切られた事ある人、いっぱいいますよね。 ワタシは若い頃よくチケット切られた事ありましたが、その時は何も考えずに違反金を払ってました。

山の家に来るようになってから3年ほど経ちますがパトカーが潜んでる場所ってのはだいたい決まってて、その辺りを走る時は減速するのは当たり前です。 そんな中ある日一日に10台も通らないような裏道に隠れてるパトカーに捕まりました。 涙。。。

もし捕まったら1.腹痛くてトイレ我慢できない 2.家族がガン宣告されたという電話をもらったばっかりで気が動転している などと理屈をこねるんだ、なんて言ってるけど、実際捕まると何も言えず、すいませんの一言です。。

チケット切った警官、「罪を認めなかったら違反金軽くなるよ」なんてとっても親切な事を言うのでその通りにしてみたら、昨日裁判所に出廷するようにとの手紙を受け取りました。

裁判所とテレビで見るような大したもんじゃなくて、田舎の公民館の一室、みたいな所。 まずジャッジに会う前に弁護士と面会します。 自分がどれだけスピードオーバーしてたとかまったく関係ないんですね。 

「スピード違反だとポイント加算される(日本みたいに減点ではなくてこっちは加算制)けど、駐車違反に罪を低くしてあげます」。 友達もスピード違反(そいつは23マイルオーバー)でも同じ条件提示されたって聞いてたのでワタシもそうなってまず一安心。

罰金ですが0−150ドルの間の額をジャッジが決めます。 ってえっらい幅広い。。。 75ドル位だとうれしいんだけど。。。

で、ジャッジがいる部屋に通されて自分の順番が来たらジャッジが駐車違反について罪を認めるか、みたいな事を聞くので「ハイ認めます」というと、じゃああなたの罰金は150ドルプラス手数料25ドルです。。 なんや、一番高い額やん。 でもポイントつくと保険の額が上がったりとっても面倒なのでこれでも十分ラッキーなのでそれを払って終了です。

c0365017_05390901.jpeg
皆さん、これからスピード違反で捕まっても正直に罰金払うのではなくて罪を認めなければ罰が軽くなりますよ(もちろん今までの違反歴とかが関係してくるはずですので何度も違反してる人は難しいと思うけど)。

同じ事をしているひと25人くらいいたので、こういうの普通みたいです。 

スピードあんま出さないようにしましょう(って無意識のうちに出てるんですよね。。。)

にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。 
にほんブログ村
[PR]

by ryyst74 | 2017-04-13 05:56 | Comments(0)
<< 今月の料理教室のメニューの図 今月の料理教室のテーブルコーデ... >>