人気ブログランキング |

MotoのNY料理教室ライフ

待ってました!!!

日本ってなんでもチューブに入っててちょっとだけ使うのに便利なもんいっぱいありますよね。 

アメリカも結構チューブ入りを見るようになっては来たのですがまだまだ日本程便利じゃありません。 (今の日本のチューブマーケットすごいですよね。 刻み青じそ、パクチー、ゆずやねぎ塩、わささんしょう(わさびと山椒)とか種類ありすぎてすごいと思います)

そんな中見つけたのがこれ。

c0365017_01450166.jpeg
コンデンスミルクのチューブがやっと出た!!!! アメリカにもコンデンスミルク売ってるんですが、缶入りでした。 でちょっとだけ使って残ったのタッパーとかに取っておくの面倒だったのですが、それが解決です! ちょっとだけアメリカの石みたいな硬いいちごにもかけれるし、これはうれしい。。。

でもね、さすがアメリカなんだけど、色々もの買う時ってチェックしないとだめなんだけどさ、このチューブの蓋、微妙に半空きになってるの見えます? パチって蓋閉めてもね、1秒後にポンって言って蓋空いてしまうの。。。。 ま、次回の料理教室で使う予定で多分このボトルは一本使い切るだろうからいいんだけど、次買う時はちゃんと閉まる蓋確認しなければなりません。。。

ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

# by ryyst74 | 2019-08-13 06:59 | 料理 | Comments(0)

今月の料理教室のメニューの図

ラテン料理で暑い夏を乗り切ろうって事ですが、ニューヨークもうそんなに暑くないです。。 夏に辛いもの食べると汗出ていいって言うけど、これ日本でやったらマジで死んでしまうんちゃうかと思いますよね。 涼しくなるまで熱い食べ物や辛い食べ物は避けて通りたい。。

さて今月作ったものはこんな感じです。 いずれも日本人の口に合うように調整していますよ。

c0365017_02313814.jpeg
前菜を載せたテーブル全体図って撮ったことないかも。 なんかいい感じじゃないですか!

c0365017_02395750.jpeg
こんな料理を出しました。

アップしていくと。

c0365017_02413307.jpeg
マケカというブラジルのトマトとココナッツミルクの海鮮スープです。 Hマートで買ったシーフードミックス使ったんだけど、貝が大量に入ってて貝の旨味がめっちゃぎっしり詰まってます。

c0365017_02431516.jpeg
ハーツオブパームのサラダ。 ホワイトアスパラと間違える人いますが。。。

c0365017_02435891.jpeg
海老のセビーチェ。 パクチーじゃなくてパセリたくさん入ってます。

c0365017_02451026.jpeg
桃ちゃん皿には(ちょっと単色すぎたな、パセリでも散らすべきだったな、全部茶色だ!)プランテーンチップスとディップ、ポンデケージョ、ミニエンパナーダ、そして鶏のエスカべーチェを並べました。 

c0365017_02460032.jpeg
メインのパステル・デ・チョクロです。 コーンの黄色がきれいです。

c0365017_02465294.jpeg
ラテンバージョンのシェパーズパイって感じですかね。 中身は思ったより複雑でいろんな層になってるんですが。

c0365017_02475481.jpeg
デザートはアーモンドとバナナのケーキ。 このケーキさらっとしか話してませんが、一応ストーリーつきです。 ラテンの国を支配していたのがスペインで、アーモンドだけのケーキはスペインのレシピです。 そして支配されていたラテンの国を代表するのがバナナ、それを混ぜた支配する側とされる側を混ぜたケーキを考え出しました。 

よくデザートは今日作って明日食べるのが多いんですが、これはバナナが入ってるので当日でもめっちゃしっとりしてます。 逆に明日食べるとしっとりしすぎるくらい。 

紅茶は去年コペンハーゲン行った時に買ってあったピナコラーダという名前のコペンハーゲン老舗のお茶屋さんのものです。 

大変好評に終わりました。 

今週末はとっても天気が良さそうですね。 明日はサイクリング(めっちゃ平坦な道)でもしようかと思ってます。目的地はハーニーアンドサンズの本店、あそこはカフェのランチメニューが充実してて良いんです。 サンドイッチじゃなくて、タイ風のカレー(チュッカ丼はめっちゃアウトですけどね)はめっちゃ美味しいですから。 皆さんも良い週末をお過ごしください。

ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

# by ryyst74 | 2019-08-10 07:56 | 料理教室 | Comments(0)

今月の料理教室のテーブルコーディネート

夏の教室も無事美味しく楽しく終わりました。 毎日暑いなんて言うてますが、この暑さ日本に比べたら鼻くその「は」にも及ばないくらいです。 っていうか今現在の東京の気温とニューヨークの気温が同じってすごいことですよね。 あちらは明け方の4時前なのに。。。 日本は亜熱帯国になったそうですね。 そんな国で夏にスーツ着て歩くのはだめでしょ。 タイとかと一緒ってことは皆さんタンクトップに短パンで生活しましょうよ、死なないためにも。 

さてさて夏のクラスは典型的だけどやっぱりひまわりな感じがきれいです。

c0365017_03282802.jpeg
食器はすべてガラスものにして涼しげに。

c0365017_03333070.jpeg
お水用のグラスと左手前はビンテージのヘーゼルアトラスのカプリグラス。 めっちゃ夏って感じです。 右手前は桃ちゃん。こういうフルーツの形のビンテージ皿はだいたいヘーゼルアトラスのものなので多分同じブランドだと思うけど確信はないです。 仕切りがあるので汁物入れても味が混じらないので便利なお皿です。 右奥はこの間発見したフォストリアのアメリカンの浅めのシャーベットグラス。 

テーブルランナーはこないだセールコーナーで出会ったケートスペードのやつです。 夏限定になるけど10ドルだったしいただきました。 

c0365017_03345405.jpeg
この花器使う度にめっちゃ評判いいんですが、チョーヤの梅酒のミニボトルを専用の穴くり抜いたの作ってもらったやつに入れてます。 ひまわりもこうやって超低くアレンジするとあんまりジャンキーな感じならなくていいです。

こんなテーブルでみなさんをお迎えしました。

ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

# by ryyst74 | 2019-08-09 04:46 | 料理教室 | Comments(0)

帰国のメイン目的

7月の日本の帰国の一番の目的は実家の台所の床の張替えのお手伝いでした。(張替えを手伝った訳ではなく、その前後の片付けです)

実家建ててから既に32年位立ってますが、いろんなとこ古びてきてるのはそうですが、台所の床がぼっこぼこになってきてこれはそろそろ張り替えないと転んだりすると危険だし、って事で母親の重い腰をあげさせました。

c0365017_05290371.jpg
だいぶシステムキッチンにしろと勧めたのですが、キッチンは30年前のままでいいそうです。。。 ワタシの家じゃないからね。。。

田舎なので家のサイズがまあまあなので物が多いこと! 色々片付けて断捨離もだいぶさせて台所片付けました。

上の図は工事の日の朝。 

8時に業者が来ました。

c0365017_05291216.jpg
速攻でキッチン居間に運んで行きましたよ。 冷蔵庫を避難させる場所が見つからず(予定していた所の天井が低すぎて冷蔵庫の中空にして傾けないと無理な事が発覚、今から冷蔵庫の中のものダスト時間かかるし)台所の出た所に避難させたので一日中廊下歩きにくいったらありゃしない。

これ最初は2日くらいかかるかもって言われてたから、こんな状態で一晩すごすんいやだなあ、と思ってたんですが、さすが日本。

業者のおっちゃん、「なんとか1日で終わらせるようにがんばります」って言ってランチも食わずずーっと働いてくれましたよ。

なのでね、5時には完成!

c0365017_05291915.jpg
素晴らしい。 さすが日本、やるって言うたことはちゃんとやってくれますわ。 今ちょうど山の家も改装中なんですが、こういう仕事の速さ、こちらの業者にも見習ってもらいたいところですわ。

台所の床の色明るくなるとキッチンも明るくなってとってもよくなりましたわ。 ダイニングセットも新調したので、それは8月中旬に届きます。 

で、この後片づけておいた鍋やら皿やらを元に戻していくんですが、そういう作業はワタシは速攻で終わらせないとイヤなタイプの人間なのでみるみるすべてを片付けていきました。 それを見ている母親が「あんた見てると疲れるわ」って。。。。 さっさと片付けるための要員としてワタシを呼びつけたんだから、黙って仕事させてください。

最後の方は「もう頼むからそのままにしておいて、また一段落したらゆっくりと片付けるから」と言われてしまう始末。。

ま、とにかくワタシの目的を果たすことはできたのでよしとしましょう。 

この改装のための片付けをしながら日本の湿気のおかげで毎日汗だくですよ。 もうワタシの体はアメリカ人になってしまったようで、日本の湿気に全く馴染めませんでした。。。 二度と日本の夏を経験することはないです。 

ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

# by ryyst74 | 2019-08-06 06:47 | Comments(0)

伊勢海老と格闘

実家の友人の兄が伊勢海老を釣りに行くという話は聞いていました。 で、帰国する前にも友人が「伊勢海老もらった」って投稿していたので、冗談半分でワタシが実家いる間に伊勢海老よろしくって言ってました。

ある早朝友人の母から電話が。

「伊勢海老来たよ、取りに来て」

え? まじで? 

そういや伊勢海老とかロブスターとか生きたの扱うのめっちゃ怖いんだよなあ、って思い出しました。 前回ロブスターと対決したのは9年くらい前。 冷凍庫入れといて眠らしてあったんだけど、茹でる鍋のサイズが小さすぎてしっぽの先っちょ熱湯に触れてしまい、急に暴れだしたロブスターを無理やり鍋に突っ込んで蓋閉めたら「きゅー」って音出しながら死んでいきました。

それ以来トラウマになってこいつらと格闘するの避けてたんですが、頂いたものだし結構でかい伊勢海老、さてどうしましょう。

c0365017_04322286.jpeg
(これは既に死んだ後です)

シェフみたいにしっぽと体の間に出刃包丁入れるというのが王道なんでしょうが、生きたままを殺すのは無理なので、まず死んでもらいましょう。

殺し方ですが、真水に浸しておくと溺死するんです。(ビデオあるんですが、まあなんて残酷な事)

水をはった所に海老を袋ごと(袋から出すのも怖くてできませんから)入れてでっかい鍋の蓋かぶせておきました。

めちゃくちゃ暴れる。。。。 そらそうですよ、溺死させられてるんだから。 「苦しい! 苦しいって! 早く水から出して!」ってバタバタしながら訴えているのを静観(吉本風に)している人間。。。 暴れる度にきゃあきゃあ言ってましたけどね。 

15分位経つと静かになったのでおそらく死に絶えたんでしょう。 上の写真のように静止したままの状態です。

さ、これをどうするか。 刺し身って気分ではなかったので伊勢海老のテルミドール(要はマヨネーズ焼きですね)にしよかって事に。

c0365017_04323252.jpeg
コイツらの腹皮がまたなんてきしょく悪いんだ! 宇宙人色強すぎる(って宇宙人こんなんではないと思うし、映画の影響受けすぎやけど)

これを真っ二つに切りましたよ。

c0365017_04323912.jpeg
でもね、死んでるんだけど、包丁に対して自然と筋肉が動くんだろうな。 腹と尻尾の間に包丁入れたらびゅって尻尾が立ち上がり、叫び声を上げ、頭を半分に切ろうと包丁を入れるときゅーっていう音が聞こえ叫び声をあげ、さばくのにめちゃくちゃ疲れました。 

でもなんとか上記のように半分に切ることできました。

c0365017_04324778.jpeg
マヨやらいろんなもの混ぜたタレを塗ってオーブン入れましょう。 これも焼く過程で筋肉が縮むから自然なんだろうけど、オーブンの中でもなんか動いてますやん。 地獄焼きみたいですわ。 それをみてまた叫び声をあげ。。。。。 

c0365017_04325668.jpeg
美味しく出来上がりましたよ。 ワタシ実はカニも海老も味噌ってあんまり好きじゃないんですよ。 なので身だけしか食べないからもったいない。 母ちゃんは味噌全部吸ってましたけど。 

特別な経験をさせてもらいました。 

でね、帰国の前日、「また伊勢海老来たけど、もらって」って。。。。 え、もうこの格闘するのはいやだから遠慮するって言ったら「もう死んでるから処理楽よ」って。。。

頂いたのは小ぶりだったので、死んでるしってことで茹でて身だけ取り出してぽんマヨで食べましたわ。 

贅沢やけど、伊勢海老は出来上がったものは食べたいけど調理はしばらくしなくていいです。

ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

# by ryyst74 | 2019-08-02 05:51 | 美味いもん | Comments(0)